知らなかった!コーヒーフィルターとコップ!サクッと簡易加湿器を作ってみよう

ピカピカ03コーヒーフィルターとコップを使って簡単に加湿器を作ることができます。コーヒーフィルターを適当な形に折り曲げてコップに入れ、お湯もしくは水を注ぎます。こうすることで、空気中に水分を発散させることができるようになります。加湿器ほど広範囲をカバーすることは不可能ですが、自分のデスク周りや枕元などの湿度をあげることができます。広い範囲の湿度をあげたい場合には、大きめのコップを用意し、そこに複数枚のコーヒーフィルターを折り曲げます。
フィルターを折り曲げる際に、蛇腹に折り曲げるだけでなく、バラの花束のように折り曲げたり、ハサミを使って切り込みを入れることで、部屋のインテリアにもなります。フィルターには、無漂白の褐色系以外にも漂白した白色もあります。ニュアンスが異なるため、インテリアとの調和を求める場合には、考えて購入してくるのも良いとされています。家中に置くこともできますが、一度作り方を覚えてしまえば、乾燥しやすい旅行中のホテルなどでも活用することができます。
ただし、何度も繰り返して使用し続けていると汚れやカビが溜まってくるため、定期的に新しいものと交換するようにします。目安としては、フィルターの変色です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿