リコピンの美容効果について

皆さんはリコピンはどのような物質なのかをご存知でしょうか?
おそらく、トマトに多く含まれている物質であるという認識で止まってしまっている方が多いと思います。
それではリコピンとはどのような物質なのでしょうか。
簡単に言うと、強い抗酸化作用を持った物質です。
人体には一定の割合で活性酸素が発生し、触れた体内の組織を酸化させてしまいます。つまりは錆びさせてしまうのです。
細胞内のDNAが錆びるとガンになり、血管が錆びてしまうと動脈硬化になってしまいます。
活性酸素が発生する主な要因として、心的な要因であるストレスや外的な要因である車の排気ガス、他にも紫外線や電磁波を浴びたりなどが挙げられるため、日常の生活の中で知らず知らずのうちに活性酸素を発生させてしまっています。
その活性酸素の人体の組織への攻撃を防ぐのが抗酸化物質であるリコピンなのです。
このようにリコピンには健康上のメリットも多くありますが、抗酸化作用による美白効果、美容効果もあります。
今まで挙げてきたように、リコピンという物質は抗酸化作用によるメリットがたくさんあります。
トマトの他にもスイカやグレープフルーツにも多く含まれているので、買い物の際は意識してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿