飲み過ぎてる?1度に飲む水の適量とは

人間の健康にとって水分摂取は必要不可欠なことです。一般的に、1日の望ましい水分摂取量は1~1.5リットルとされています。飲む量としては多いと感じる方もおられるかもしれませんが、食事などから自然と摂取する場合もあるので、それほど難しい量ではありません。ただし気をつけたいのは、その飲み方です。いくら健康に良いからと言って、一気に大量の水を飲むのはあまりおすすめできません。また、水量そのものを過剰に摂取するのもおすすめできることではありません。大量の水分を一気に摂取したり、過剰に水分を摂取すると、血管や内臓に負担がかかり疲労感の原因になる場合もあります。これは体内のナトリウム濃度が急激に低下するために起こる現象で、酷い場合は命を失うこともあります。ですから飲み方としては、1回あたりコップ1杯程度、およそ150~200ミリリットルの少量の水を、6~8回にわけて、こまめに飲むのが理想的です。1日の中でも特に、朝、起きた後やスポーツ前後、入浴前後や就寝前は、体が渇きやすく水分摂取が必要なタイミングですから、この時に意識的に水を飲むようにすると良いです。ウォーターサーバーなどを契約していると、品質にこだわった新鮮な水を自宅で、手軽に飲むことができ、自然と水分摂取の習慣も持つことができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿