治らない!内側から口角炎改善するために必要なこと

口角炎改善のためには、体の内側からケアする必要があります。体の内側から改善するためには、食生活の見直しです。口角炎には、炎症を和らげるビタミンB2を多く含む食べ物が効くとされています。不足することで、皮膚の粘膜に炎症が起こりやすくなるため、悪化しやすくなります。ビタミンB2を多く含む食材として、レバーやうなぎの蒲焼、塩さば、さんま、いわし、納豆、鶏卵、牛乳などがあります。
ビタミンB2は、体内に貯蔵しておくことができないため、毎日こまめに摂取する必要があります。併せて、ビタミンCやビタミンAも充分に摂取するようにすることで、抵抗力をつけることができます。傷の治りを助けてくれる鉄分も積極的に食事に取り入れるようにします。
また、口角炎ができている時には、辛いものやすっぱいもの、熱すぎるもの、冷たすぎるものなど刺激の強いものを食べていると炎症を長引かせる可能性があるため控えるようにします。
内臓の冷えも口角炎の原因に影響していると言われています。そのため、調理する際に生姜をたして、レバーの生姜煮や豚肉の生姜焼きなど身体を温めるようにします。熱すぎない程度の温かい飲み物で身体を温めることも有効です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿