水の取り方が重要!食事の時の水の摂り方とは?

正しい食事中の水分摂取としては、ごくごくと大量に飲まないことが大切です。飲む時のポイントとしては、水分はコップ1杯までというのを覚えておきましょう。食事をしている時には、水をたくさん飲むほうが、お腹が膨らむので食べ過ぎないような気がするかもしれません。ですが、食事をしているときは、できるだけ水やお茶を飲みすぎないようにしましょう。水分を過剰に飲むことで、胃の中の胃酸が薄くなります。消化にはとても大切な胃酸が薄くなると、消化にも良くない影響が出てきます。満足感を感じるためには、よく噛むことが大事ですが、水分が多いために咀嚼回数も少なくなってしまいます。おかずの味付けが濃いと、それだけ無駄に水を飲むことにもなります。食事の時には、お味噌汁やスープなどにも水分は含まれていますし、野菜類にも水分は豊富であるため、別で水を飲む必要もありません。飲むとしたら、1杯くらいにしておきましょう。食前にもたくさんの水着内容にします。ですが、食事の前後といっても30分以上の時間が空いていれば、常温の水分の摂取は構いません。高齢者の場合は、普段からむせやすくなりますから、食事の時の水分摂取には注意しながら水を飲むようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿