これはつらい!唇のトラブル、口角炎予防のための注意点とポイント

テクスチャー18口角炎は、唇の両端である口角に炎症を起こしてしまい、亀裂や腫れ、出血などが生じます。そのため、発症すると口を開くだけでも強い痛みを感じるようになるため、食事すらままならなくなります。患部が炎症している場合は、かさぶたを剥がしても何度も炎症を繰り返してしまうため、注意が必要です。数日程度で回復しても再発することが多いです。
トラブル回避のためには、予防が必要です。口角炎の原因としては、ストレスや疲労、ビタミンB2・B6の欠乏です。生活のリズムが乱れ、疲労の蓄積や体調不良がある場合に発症しやすい傾向があります。そのため、規則正しい生活を心がけることがポイントです。体調管理を行うことは、健康維持だけでなく、予防の効果も期待できます。
食生活も重要です。偏食をなくし、栄養バランスの良い食事をこころがけます。ビタミンB2が不足しないようにレバーや納豆、玉子、焼き海苔などビタミンB2が含まれている食材を積極的に食べるようにします。サプリメントで補う場合は、ビタミンB2は食後以外はほとんど吸収されない性質があるため、食後に飲むようにします。唇や口元の乾燥を防ぐこともポイントです。リップクリームなどを使ってこまめに唇や口元の乾燥を防ぎます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿