筋トレダイエットと食事制限ダイエットの違い

松茸筋トレによるダイエットは、熱産生を行う筋肉の量を増やして、脂肪を燃えやすくするダイエット方法です。
一方、食事制限は太る原因になる脂肪の蓄積を行わないような食べ方をして、蓄積した脂肪を基礎代謝で燃やすのが違います。
食事制限で糖分が足りなくなると、それを脳が補おうとして脂肪からブドウ糖を作り出す糖新生が行われます。これによって蓄積した脂肪を減らして痩せさせるのが目的です。
筋トレは、筋肉の原料になるたんぱく質をしっかりと補給して、筋肉量を増やすことで脂肪が燃えやすい体を作るのが目的です。
どちらが良いとは一概には言えませんが、一般的には男性は筋肉がつきやすいので、筋トレダイエットの効果が得られやすいです。
一方、女性はホルモンの影響で筋トレの効果が筋肉量に反映されにくいので、食事制限のほうが効果が出やすいケースが多いです。
ダイエットをするといっても、体質、性別、年齢、によって最適な方法が違うので、自分にあった方法を選ぶことが大切です。
また、いくら筋トレしたからといっても、大量に脂肪分の多いものを食べていたのでは痩せられません。トレーニング中はたんぱく質をメインにして、糖質と脂質の摂取量を減らすのが効果的です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿