筋肉をつけると痩せる理由

赤トウガラシ筋肉は人体を構成し、活動するうえで重要な組織となります。その活動の中で常にエネルギーを消費することで可能としています。また筋肉を付けると痩せることが出来るというのはここにポイントがあります。鍛えるとその分エネルギー消費量が増し、活動代謝も向上するため運動時に痩せやすくなります。またそれとは別に安静にしているときも筋肉はエネルギーを消費するため、普通に生活しているときに消費される基礎代謝量も上がります。その結果、寝ているだけでも筋量が多いか少ないかで消費エネルギー量に差が出来てしまいます。そのため、鍛えて代謝を上げることで痩せやすい体を作り上げることが可能となります。
また鍛える際に、成長ホルモンも大きく作用します。このホルモンは人体が成長する過程の中で分泌されやすくm、筋や骨を形成するうえでも重要な存在となります。そのホルモンが少ないと、鍛える際に損傷を受けた筋繊維を修復することが難しく気が付きにくくなりかねません。そのため、しっかりとホルモンを分泌できる状態を整えることで鍛える時に消費されるエネルギー量にも大きな差を生むことになります。ただひたすらに筋肉をつけて痩せるのではなく、内分泌面からも介入してみることがより効果を得やすくなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿