買わなくてもOKかも?身近にあるものでOKな簡易加湿器の作り方

ピカピカ02乾燥がひどくても、湿度が高くても、どちらも困りものではありますが、除湿を考えるよりも、加湿を考える方が簡単なのです。
靴箱など狭い場所の除湿ではなく、夏場のお部屋全体の除湿は、乾燥剤をお部屋中にいくつも置いた程度ではどうしようもありませんが、冬場の乾燥対策にお部屋を加湿するのは加湿器がなくても意外に出来るものです。
一番手軽なのが、入浴後のお風呂の蓋を必要に応じて開けて置き、お部屋の中に湿度を循環させる方法です。
入浴後の残り湯では臭いが気になるという方は、入浴中に香りの良い入浴剤を使ったり、入浴剤を使うのが嫌いな方は、残り湯に気に入った香りのアロマオイルを垂らす方法もあります。
どちらもおうちの中にほのかな香りが広がって、癒やしにもなるに違いありません。
毎日はお風呂に入らないとおっしゃる方は、お部屋の中に洗濯物を干すという方法があります。
今は香りの良い部屋干しの洗剤や柔軟剤がたくさんありますから、その中から好みのものを探すと良いでしょう。
またそういった人工的な香りが苦手だとおっしゃる方は、ただ水を入れた容器や、大きめの水盤に生花を飾ったものをお部屋のそこかしこに置くことでも手作りの加湿器となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿