冬場に役立つ!お部屋に霧吹きで加湿してみましょう

冬場の乾燥はインフルエンザなどのウィルスの繁殖力が増し、喉の免疫も低下させ炎症を起こしやすくします。
一般的に快適な湿度は40%~60%と言われており、そのくらいの湿度があると体感温度も高く感じます。
一番良いのは加湿器を使用することなのですが、加湿器がない場合でも霧吹きでお部屋全体に水をスプレーしたりカーテンにスプレーするだけで加湿効果があり効果的です。
すぐに湿度はあがりませんが水分が蒸発すると徐々に湿度があがってきます。
注意点としてはカーテンが汚れていると水がかかった場所がシミになってしまったり、水をかけすぎるとカビの原因にもなりますのでかけすぎは禁物です。(カーテンを洗濯して干しておくのも効果的です)
また、霧吹きの中のお水にユーカリやティートゥリーなどのアロマオイルを数滴入れて良く振ってから使用すると、お部屋の香りも良くなり、精油の殺菌作用もありインフルエンザ予防につながります。
・ユーカリ→殺菌抗菌作用
・ティートゥリー→殺菌抗菌、抗ウィルス作用
他、レモン、レモングラス、ペパーミントなどもおすすめです。
あとはエアコンの吹き出し口のそばに洗濯物を干してみるとか、お風呂に入った後ドアを開けておくとか、観葉植物を置くことでも加湿効果がありますのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿