ほうれい線と紫外線の関係

紫外線は肌に浴びると、そこにメラニン色素を生み出す原因となります。
これは肌細胞を火傷から守る為に生み出されるものですが、このメラニン色素は日焼けやシミの原因となってしまいます。
その為、白くて綺麗な肌でいたいと考えた場合、しっかりと日焼け止めを塗っておかなければいけないと考える人は多くいます。
ただ、紫外線は肌の中にメラニン色素を生み出すだけではありません。
肌に浴びると、肌の中のコラーゲンを壊してしまう働きもあります。
コラーゲンは、肌の中で網状になって存在する成分で、この成分が不足すると、肌はハリと弾力を失う事になります。
そして、しわやたるみの原因となっていきます。
ほうれい線はしわの一種と考える人もいますが、出来る原因として大きいのは、肌のたるみです。
特に頬のハリと弾力が失われ、たるみが出てくると、ほうれい線が出来やすくなります。
ですから、ほうれいせんを予防する為には、肌の中のコラーゲンを守るようにしておく事が大切です。
その為に有効なのが、紫外線対策です。
外出時は、日焼け止めを塗るようにする等、しっかりとした紫外線対策をしておく事で、肌の中のコラーゲンを守る事が出来、ほうれい線が出来にくい状況を作る事が出来ます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿