ほうれい線ができやすい乾燥肌を防ぐ方法

ほうれい線ができる原因に、肌の乾燥が挙げられます。
顔の皮膚は体よりも薄いと言われていますが、その中でも口の周りは特に薄いため、うるおいが逃げやすいのです。
また、食後に口を拭いたり落ちにくい口紅をクレンジングする際など、必要以上にゴシゴシして摩擦が起きやすくなることや、スキンケアで頬を中心に保湿してしまい口元がケア不足になることも原因になります。
こういった点に心当たりがある場合は、それを改めることが重要です。
さらに、ほうれい線などのシワができやすい乾燥肌を防ぐ方法として、うるおいを残すケアを意識することも大切になります。
たとえばお風呂で洗顔するときは、全身を洗うお湯の温度よりも低いぬるま湯で洗うほか、洗顔後は乾燥が進む前に、すぐスキンケアをするようにするのです。
その際に使用する化粧水などは、さっぱりタイプではなくしっとりタイプを選択するのはもちろん、保湿効果が高いヒアルロン酸やセラミドが配合された商品を選ぶのも効果的です。
これは皮脂が分泌されやすく、肌が乾燥しにくいイメージがある夏でも同様です。
エアコンが効いた部屋で長い時間過ごす人は特に、肌の表面だけでなくインナードライになりやすいですから注意したいです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿