ほうれい線ができる10の原因と対策法

???? Vol.131 ???????ほうれい線ができる10の原因としては、紫外線や加齢による肌のたるみ、肌の乾燥、表情筋の衰え、表情筋のこり、代謝の悪化、むくみ、過度のダイエット、その人の癖、生活習慣、触り過ぎを挙げることができます。原因に応じた対策としては、まず紫外線や加齢による肌たるみは、生活中で浴びる紫外線を防御することで、加齢による肌たるみも軽減させることが可能です。通年、日焼け止めを塗ることが求められます。また年齢と共に不足していくエラスチンなどの、肌弾力を支えている成分をサプリメントなどから摂取するのも有効です。肌の乾燥は、保湿をすることで防ぐことができます。表情筋の衰えやこりは、表情筋を使うことで防ぐことが改善することができます。口の中で舌をぐるぐる回すなどのエクササイズを行うと効果的です。代謝の悪化やむくみは、体全体の冷えが原因の場合もあります。季節問わず、なるべく入浴するようにして冷えを取り除くようにすると良いです。過度のダイエットでできてしまったほうれい線は、いわば膨らんでいた風船から空気が抜けたことでできてしまったようなものです。せっかく痩せたのにやつれた印象になってしまわないよう、急激に体重を落とすのは控えるべきです。その人の癖、生活習慣はたとえば頬杖をつく癖がある人、また肌にダメージを与える活性酸素を増やす原因でもある喫煙習慣などがある人は、それを改めるようにすることが対策として挙げられます。そして気になるからと言ったほうれい線を必要以上に触り過ぎるのは禁物です。逆に悪化するおそれもあります。保湿クリームなどを塗る際も、力を込め過ぎないこと、意味のないのに撫でたりしないことが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿