放っておかないで!胃腸のトラブル改善も重要です

口の両端が切れてしまった状態を口角炎といいます。炎症が起こり、亀裂や腫れた状態になってしまい痛みによって、口を大きく開けることが困難になってしまうこともあります。
口角炎にはさまざまな原因があり、それに合わせて治療してくことが大切です。原因として多いのが、真菌によるもので免疫力が低下していることなどによって起こってしまい場合は、抗真菌剤や抗生物質などを使って治療します。ビタミンBが不足してしまってもできてしまうため、ビタミン補給できる食事やサプリメントを摂取することが有効です。
現在では、胃腸が弱っていても起こると考えられています。バランスの取れた栄養の摂取や規則正しい生活などのほか、治療するためには胃腸の調子を整えることが大切となります。漢方薬で治したり、胃に負担にならないような食事を心がけることなどが良いとされています。
どのような原因であれ予防方法としては、口の中が不衛生であれば細菌が繁殖してしまうためきちんと歯磨きやうがいを行なう、ペットボトルなどを利用してこまめに水分補給を心がけて常に口の中を潤して唇の乾燥を防ぎ、清潔に保つことと保湿することで口角炎などのトラブルを防ぐことができるようになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿