冷やさないで!水の適温は冷たすぎない方が良いんです

テクスチャー14温度が冷たい水は喉越しが爽やかですが、胃腸にとっては負担となる飲み物です。胃腸を冷やすと体全体の新陳代謝が鈍くなったり、お腹がゆるくなるなどの悪影響を受けやすくなります。夏場であっても常温で飲む方法を実践していれば、夏バテにも強い体が作られていきます。

冬の季節には常温では冷たすぎますから、程よく温めて白湯にして飲むことがおすすめです。お薬を飲むときにも、水は冷たすぎないほうが吸収が良くなります。季節ごとに水道水の温度にも違いがありますが、体は変化に対して敏感に反応します。暑い時期に体温よりもはるかに冷たい水を飲むことは、明らかに不自然なことですから、自然の法則に従って飲んだほうが健康的になります。

水自体に体を冷やす作用がありますから、常温で飲んだほうが良いことは明らかです。冷蔵庫の普及とともに、冷たい水を好む習慣が根付いてしまいましたが、伝統的にはそのままで飲むことが当たり前でした。中医学の本場の中国では、今でも冷たい水を飲むことを避ける習慣が根付いています。日本においても、常温の飲料の需要が少しずつ増えて、水分補給の文化に変化が起きています。昔ながらの方法で水分補給をすることは、人間の本来の自然治癒力を引き出すためにも大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿