肥満は水分過多?飲み過ぎると本当に太りやすいの?デマと真実

テクスチャー12痩せたい気持ちが強くて極度のダイエットをして食事量を減らしすぎると、体内ではインシュリンの分泌が低下します。それで終わりではなく代わりとして、血糖値を上昇させるホルモンが放出することになります。インスリンが急激に大量に分泌されてしまうと、体内では脂肪細胞に糖分が運ばれていきます。結果的に太りやすくなります。血液のめぐりというのは太るとか、太らないことにも大きく関連しています。太っている人の中には、水を飲んでも太るという人もいますが、その原因を理解することが先決です。カロリーはありませんから、通常の認識からいけば、体重の増加は不思議に感じるでしょう。ここで気をつけたいのは、飲む時の温度になります。たくさん飲むと太るというよりも、冷たい水を大量に飲むことで、体内の温度は冷えていきます。冷えは万病の元と言われるように、内側を冷やすことで、代謝機能は低下することになります。代謝が低下するころでエネルギー燃焼効率も低下していきます。そのサイクルで、結果的には痩せにくくなって、太りやすい体質になっていきます。人間の体には水分が必要ではありますが、飲む時には常温の水などを口にすることです。温めて冷ました、白湯を飲むこともいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿