肌トラブルや後遺症も

本格的にムダ毛の悩みを解消したいと、サロンやクリニックで施術を受ける人が増えています。一度処理を行えば、その後は面倒な自己処理の手間が要らなくなるので便利ですし、自分で処理を行うことにより発生する肌トラブルを回避することができます。
ただし、レーザーや光を照射する施術では、脱毛後に肌に赤みが現れたり、外的刺激に対して敏感になったりすることがあります。赤みは少し経てば落ち着くことが多いのですが、万が一長引いてしまったらできるだけ長い時間冷却を行い、熱いお湯でシャワーを浴びたりこすったりして刺激を与えるようなことは避けなければなりません。
脱毛後の過敏反応は後遺症として起こりやすいことですが、肌を清潔に保ちながらできるだけ触れないようにすることで徐々に落ち着きます。肌が敏感になっていると感じる時には紫外線を浴びないようにし、衣服とこすれないようにすることが大切です。また、休止期にあったムダ毛が成長期に入って伸びてきたとしても、自己処理でムダ毛を剃ったり抜いたりすることは危険です。特にクリームの成分でムダ毛を溶かすという方法は皮膚への負担が大きいので、何らかのトラブルが見られる状態では使用しない方が無難です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿