‘2016/01’ カテゴリーのアーカイブ

短期間で筋肉ダイエット効果を出すための追い込み

2016/01/18

短期間でダイエットを行うためには、筋肉を刺激し、追い込むことが重要になります。運動強度が高ければ高いほど、カロリーの消費や体脂肪を燃焼させるために必要なホルモンの分泌量を増やすことができるからです。そのためには、体に追い込みをかけることが必要です。
筋肉を発達させるためには、出来る限り追い込むことが必要になります。もう一回もできない、という程度まで追い込むことにより、乳酸が大量に発生します。この段階で成長ホルモンが多く分泌されます。
成長ホルモンは体のあらゆる細胞を回復させるために必要です。細胞を回復させ、より強い状態にする働きがあるのです。また成長ホルモンには脂肪を分解し、エネルギーとして利用しやすい状態を作ってくれるのです。
負担が強ければ強いほど成長ホルモンは分泌されます。なので追い込めば追い込むほど、脂肪を消費しやすい状態を作り出せるのです。
また追い込むことは、筋肉を成長させるためにも必要です。刺激をしっかりと与え、そして回復させることにより、トレーニングを行う前よりも強い体を作り上げることができるのです。これが基礎代謝の向上につながります。
また限界に追い込むことで、トレーニング後に体力を回復させるために、より多くのカロリーを消費するため、これが短期間でのダイエットに役立ちます。

筋肉をつけると痩せる理由

2016/01/18

赤トウガラシ筋肉は人体を構成し、活動するうえで重要な組織となります。その活動の中で常にエネルギーを消費することで可能としています。また筋肉を付けると痩せることが出来るというのはここにポイントがあります。鍛えるとその分エネルギー消費量が増し、活動代謝も向上するため運動時に痩せやすくなります。またそれとは別に安静にしているときも筋肉はエネルギーを消費するため、普通に生活しているときに消費される基礎代謝量も上がります。その結果、寝ているだけでも筋量が多いか少ないかで消費エネルギー量に差が出来てしまいます。そのため、鍛えて代謝を上げることで痩せやすい体を作り上げることが可能となります。
また鍛える際に、成長ホルモンも大きく作用します。このホルモンは人体が成長する過程の中で分泌されやすくm、筋や骨を形成するうえでも重要な存在となります。そのホルモンが少ないと、鍛える際に損傷を受けた筋繊維を修復することが難しく気が付きにくくなりかねません。そのため、しっかりとホルモンを分泌できる状態を整えることで鍛える時に消費されるエネルギー量にも大きな差を生むことになります。ただひたすらに筋肉をつけて痩せるのではなく、内分泌面からも介入してみることがより効果を得やすくなります。

筋トレダイエットに効果的なペース

2016/01/18

赤かぶ02筋トレを行なってダイエットをすれば体重も落とせて体が引き締まり良いのではないか、と思い体型維持や健康のために筋トレを行なっている人もいると思われますが、効果的なペースで行なわなければリバウンドしてしまい逆に太ってしまうということも考えられます。
筋トレは筋繊維に大きな負荷がかかっている状態です、ダメージを受けた筋肉は筋力が低下しているため、もとの状態に戻そうと体は回復していきます。同時に筋肉の負荷に絶えられるように筋力を向上させていく、というのが筋肉がついていく仕組みになります。この回復する時間が48〜72時間と言われており、この感覚で筋トレを行なうことによって筋肉がついていきます。
つまり、筋トレダイエットを行なう場合も2〜3日おきに行なうのが効果的なペースと言えます。だからといって2〜3日に一度だけではあまり効果が得られず、特に自重トレーニングは器具を使ったものに比べて負荷がかなり低い状態です。そのため筋肉の回復もかなり早く、負荷が少ない分を毎日行なって回数で行ないます。
あまり長時間休みなしでトレーニングを行なってしまうと疲労が溜まって怪我のもととなってしまうため、ある程度休息を行ないながら、最低週一回筋肉を休ませる日を作りながら長く行なっていくことがおすすめです。

筋トレをしても体重が減らない!考えられる原因は?

2016/01/18

ダイエットのために運動を頑張っている人も多いですが、ウォーキングなど意外にも筋トレをして代謝を上げるのも効果があります。とは言え、体重が減るのではなくて少しずつ増えていくような気がしている人も中にはいます。

これは、筋肉と脂肪の比重が違うためです。筋肉1.1対脂肪0.9で筋肉の方が重たいのです。イメージとしては、筋肉はサイズは小さくても重く、脂肪は大きくて軽いと考えてみて下さい。注意点としては、これまで筋トレなどの運動をしてこなかった人も、脂肪が減って筋肉が増えることで外見上は締まっていくのですが、体重の数値としては増えてしまうので慌ててしまってそこで運動をやめようと考えないようにする事です。

確かに一時的に筋肉が増えることで体重が増えると、何のためにダイエットを頑張っているのだろうと思うものです。けれども筋肉をつけることで代謝が良くなりますから、動いていない時でも脂肪の三倍のエネルギーを消費してくれますので、痩せやすい体になっていくのです。筋トレを始めたばかりの頃は体も慣れずに大変ですし、そうかと思えば体重も上昇して不安になるかもしれませんが、長期スパンで考えてしっかりと筋トレも組み込んで頑張って下さい。

頑張っても痩せない!飲み物に糖質が含まれているかも

2016/01/18

ダイエットの際食生活に気を付けるのは当然ですが、中でも気になるのが
ご飯やパンなどの主食やお菓子の摂取量といえます。
その理由としては血糖値が上昇するとインスリンが分泌され、
エネルギーとして使われなかった分を脂肪に変えてしまうからです。

ですから当然主食やお菓子の摂取量には気を付けるのですが、それでも全く痩せない場合があります。
そんな時痩せない原因として考えられるのが、飲み物なのです。
日中何度となく口にするジュースなどの飲み物には、思いがけないほど
多くの糖質が含まれている商品が多いため太る原因となります。

せっかく主食の量を減らしてもジュースをペットボトル1本飲んでしまえば、
血糖値も上がりインスリンも分泌され痩せない原因となってしまうのです。
対策としては飲み物を緑茶やブラックコーヒーなどの砂糖を含まないものにしたり、
たとえ飲んだとしても回数や量を減らす工夫があげられます。

また最近では、甘くてもゼロカロリーのドリンクやお菓子が販売されていますから、
どうしても我慢できない時はそういった商品を利用するのも一つの方法です。

せっかくダイエットを頑張っても、毎日飲むジュースが原因で痩せないのは
とても悲しいことです。
ですから毎日の飲み物にも気を配り、確実な効果を上げたいものです。

筋トレ時の主食は色の黒いものがおすすめ

2016/01/18

筋トレをしている時には、なるべく日々の食事についても何を食べるかよく考えた上で食べた方が効果も出やすいです。主食に関しては色の黒いものを食べる方が、血糖値も上がり難いのでおすすめです。実際に色が黒い食べ物はなんだろうと思うかもしれませんが、米であれば白米より玄米、パンなら白パンなどよりライ麦を使ったものを選ぶようにしてみて下さい。

これらを主食にしていく事で、血糖値の上がり方が穏やかになりますから、脂肪も体に溜まりにくくなるのです。これらを選ぶ時には、見た目には色を黒いものを選んでいくのが一つの目安となりますが、他にもGI値がありますのでそれも参考にしてみましょう。この数値が低い方が血糖値の上がり方が遅く痩せやすい食べ物となります。GI値が60以下なら数値が低いとされているので、参考にしてみましょう。

玄米もライ麦も60以下なので、上手に生活に取り入れていきたいものです。それぞれ栄養バランスもよく、普段の主食では不足しがちな栄養素も取る事ができますので、しっかりとおかずを食べながら糖質制限を行っていくのに役立てられます。毎日きちんと食事をしながら、日々の筋トレでの体作りに役立てていきましょう。

筋トレ後におすすめのプロテイン摂取タイミング

2016/01/18

赤かぶ01筋トレは筋肉を大きくする以外にも、ダイエット目的でも行われます。しかし多くは鍛える中で見せる用の筋肉と使う用の筋肉を作る人が多いです。鍛え方も様々に存在しますが、鍛えた後にもアプローチを行うことは可能です。その方法の1つとしてプロテインを飲むことです。筋トレ後は体内の筋繊維・筋組織が破壊され、再生を繰り返します。その中で重要となるのがたんぱく質です。筋肉を修復する際にたんぱく質を多量にしようするため、それが足りないと十分な回復が行われず鍛えても筋肉がつかないという結果にも繋がりかねません。そのため、筋トレが終了した後にプロテインを摂取することで筋肉の再生をより効果的に行うことが可能となります。またプロテインにも植物性・動物性の二種類があります。大きく分けると動物性は筋肉を大きくする働きがあり、その分カロリーも高いため、しっかりと動いてカロリー消費した後に飲む方が良いです。それに対し植物性は筋肉を大きくするよりは鍛えつつ絞っていくような効果を示します。そのため、引き締まった細マッチョな身体を作る上では重要となります。プロテインを飲むにあたり、いつのタイミングで飲むのかに加え、どんな身体を作りたいかを考えたうえで選ぶ必要があります。

筋トレ効果を高めるアミノ酸の摂取

2016/01/18

青トウガラシ筋肉をつけたいなら、タンパク質の摂取は不可欠です。タンパク質はアミノ酸の集合体ですから、効果的に筋トレを行いたいなら、ぜひ摂取しておきたい成分です。
特におすすめなのが「BCAA」と呼ばれるサプリです。これは3つの必須アミノ酸で構成されている、分岐鎖アミノ酸のことです。筋トレをする30分前を目安に摂取することをおすすめします。アミノ酸は20~30分程度で消化吸収されるため、このタイミングで摂取するのがベストだからです。
筋肉というのは、負荷をかけるとエネルギーを作り出すためにBCAAを分解してしまいます。そのため、必要量が補給されないと筋肉が痩せてしまう恐れがあります。
筋肉はトレーニングすることで損傷を受けますが、それが回復することで以前の状態よりも強くなることができます。この時の回復を早めてくれるのがBCAAです。筋肉痛の軽減にも効果があります。
筋トレというと、プロテインを思い浮かべる人が多いでしょうが、これはタンパク質の塊です。消化吸収されるまでに1~2時間必要になりますが、成長ホルモンが大量に分泌されている筋トレ直後に摂るのがおすすめです。これに対し、筋トレ前にはアミノ酸を摂るようにしましょう。

筋トレダイエットと食事制限ダイエットの違い

2016/01/18

松茸筋トレによるダイエットは、熱産生を行う筋肉の量を増やして、脂肪を燃えやすくするダイエット方法です。
一方、食事制限は太る原因になる脂肪の蓄積を行わないような食べ方をして、蓄積した脂肪を基礎代謝で燃やすのが違います。
食事制限で糖分が足りなくなると、それを脳が補おうとして脂肪からブドウ糖を作り出す糖新生が行われます。これによって蓄積した脂肪を減らして痩せさせるのが目的です。
筋トレは、筋肉の原料になるたんぱく質をしっかりと補給して、筋肉量を増やすことで脂肪が燃えやすい体を作るのが目的です。
どちらが良いとは一概には言えませんが、一般的には男性は筋肉がつきやすいので、筋トレダイエットの効果が得られやすいです。
一方、女性はホルモンの影響で筋トレの効果が筋肉量に反映されにくいので、食事制限のほうが効果が出やすいケースが多いです。
ダイエットをするといっても、体質、性別、年齢、によって最適な方法が違うので、自分にあった方法を選ぶことが大切です。
また、いくら筋トレしたからといっても、大量に脂肪分の多いものを食べていたのでは痩せられません。トレーニング中はたんぱく質をメインにして、糖質と脂質の摂取量を減らすのが効果的です。

リバウンドしないダイエットで大切な筋トレ

2016/01/18

リバウンドをしないダイエットを行うために大切であるのが、筋トレです。何もしていなくても消費されるカロリーを向上させるためには、筋肉をつける必要があります。食事制限によるダイエットよりも、リバウンドがしづらいのは、体の代謝を向上させることができるからです。
食事制限が問題となるのは、体を動かさずに摂取カロリーだけを制限してしまうと、脂肪だけではなく、筋肉の減少量も多くなってしまいます。これにより、痩せたとしても、体の代謝が低下している状態であるため、元の食事の量に戻したら、あっという間にカロリーオーバーとなってしまうのです。そのため、痩せた状態を維持するためには、永久に食事を制限し続けなければならない、ということが引き起こされてしまうのです。
筋トレで痩せる場合には、食事においてはそれほど神経質になる必要はありません。多少カロリーがオーバーしてしまったとしても、体の代謝が向上しているために、すぐにバランスを戻すことができます。筋トレを行うことで、代謝を向上するだけではなく、ホルモンの分泌で脂肪を燃焼しやすい状態になっています。なので、体脂肪率を効果的に減らすことが可能になるのです。
筋トレは基礎代謝を向上させるため、筋トレをしっかりと行っていれば、ある程度食事を自由にできるということもメリットになります。

最近の投稿