‘2015/12’ カテゴリーのアーカイブ

ほうれい線改善に効果的な食べ物

2015/12/06

ほうれい線は年齢を増していってできると思いがちですが、早い人では30歳ごろからでき始めるといわれています。ほうれい線は、鼻の両脇から唇にかけてできるシワですが、それができると急に老け顔になるためしっかりした対策をとることが必要です。

予防には肌を乾燥させないことや、紫外線に当たり過ぎて肌にダメージを与えないこと、顔の筋肉のエクササイズをして筋肉をたるまさないことが効果的です。また食事をするときにちょっとした工夫をすることで改善できます。

ほうれい線を消すのに効果的な食べ物にコラーゲンが含まれたものを摂取することです。コラーゲンは肌のハリと艶を出すのに欠かせない成分です。鶏肉、牛すじ、豚足、フカヒレ、うなぎ、貝類などに多く含まれています。

また、コラーゲンの生成を活性化するビタミンCが含まれた食べ物を摂ることで、ほうれい線の改善に効果的です。ビタミンCを多く含んだ食べ物には、レモン、みかん、ゆず、キウイ、イチゴ、じゃがいも、ブロッコリーなどがあります。コラーゲンやビタミンCは、毎日少しずつ継続して摂取することが効果的です。

食べるときにはよく噛んで食べることで、表情筋を鍛え改善に繋がります。噛むとき、使わない方の頬にはたるみが出ますので両方で噛むように意識することが大切です。

目の疲れを解消しよう

2015/12/06

目の疲れを解消するためには、どんな方法があるのでしょうか。基本的に背景には血液循環が悪くなっていることがあげられます。このことから血液の循環を改善させることで改善が見込まれるのです。さて、具体的にはどんな方法があるのでしょうか。まず考えられるのがビタミン入りの目薬をさすというのが一般的ですね。ですが一日に何度も目薬をさすのは、かえって逆効果になります。二つめには目に蒸しタオルをのせて疲れをとることです。血液の循環をよくしてあげることです。逆に火傷には注意してください。三つめにはストレッチとして眼球運動をすることです。1分間だけ眼球を休ませるだけでも脳の疲労回復にも効果があります。四つめには温かいシャワーをあてた後に冷たい水で眼球の周囲をさますのです。これを数回繰り返すと効果的です。五つめにはラジオ体操で背筋をのばすことです。また遠くをみたり、近くをみることを繰り返すことで疲れを和らげます。そして摂取する成分にはブルーベリーに含まれるアントシアニンがあります。またアントシアニン以外にも亜鉛やタウリンなども目の疲れをとるのに効果的な成分として知られています。このように身の回りにあるものを使って癒すことをおすすめします。

目もとのほうれい線はPCの使いすぎが原因?

2015/12/06

ほうれい線といえば、まず鼻の両脇から口元にかけての物が頭に浮かぶでしょうが、目元のほうれい線に悩んでいる女性も多いようです。たるみや表情筋の衰えが原因で起こる現象ですが、目元のほうれい線の場合は、実はPCやスマホの使いすぎが大きく関わっています。
PCなどの画面を見つめていると、まばたきの回数が通常の半分以下になると言われています。これは表情筋を使う回数が減るのと同じことで、すなわち、目の周囲の筋肉が衰え、たるみやしわができやすくなってしまいます。
また、目を凝らすことで鼻筋の表情筋がこわばり、老廃物のしこりが鼻筋の際の部分に沈殿し、盛り上がってきます。つまり顔の表情筋の中で鼻筋だけが縮んで動かなくなっている状態になるので、自然と肌にひずみができ、深いしわが刻まれていきます。
特に仕事でPCを長時間使っている人は、要注意です。顔は思っているほど血液や体液は循環していません。眼窩(眼球の収まる頭蓋骨のくぼみ)や、鼻筋を意識して、サウナマスクをすると効果的です。血液や体液が循環したところで、目の間の皮膚を10回ほど揺らします。少し目元の張りがゆるみますから、その後、眼窩と鼻筋をよくほぐしてください。マッサージ後はよく冷やしましょう。???? Vol.68 ?????????

顔の筋肉をほぐす方法

2015/12/06

顔こりとは肩こりなどと同じように筋肉が固くなった状態のことなのですが、その原因は表情筋と関係しています。痛みなどが大きくないのは顔の筋肉量が少ないからであり、あまり気にならないという人もいるかもしれません。顔がこると特に大変というわけではないのですが、たるみの原因となってしまうことがあるので注意しましょう。そのためできるだけこりが発生しないように気をつけることが大切であり、こりの原因について知っておくこともポイントです。顔のこりの原因の一つとして筋肉に疲労が溜まっているということが挙げられます。こりは放置しておくとたるみなどの原因となってしまうため、気がついた時に解消していくと良いでしょう。最も良い方法はマッサージをするというものであり、手軽に顔のこりをほぐすことができます。こっている部分をマッサージするのも気持ち良いのですが、首のマッサージも一緒に行うことでさらに効果を高めることができるでしょう。マッサージの目的は筋肉を柔らかくすることであり、さらにリンパの流れを良くするといいう効果もあります。リンパは首にもあるのでその流れを改善することにより、老廃物の排出がスムーズになるでしょう。

ほうれい線をなくすための変顔体操

2015/12/06

???? Vol.68 ?????????ほうれい線で悩んでいる女性は多く、この部分は若い頃には気にならないのですが、年を重ねるごとに少しずつ気になってしまうものなのです。年を重ねるごとに少しずつ筋肉が衰えてしまうため、この線がどんどん目立ってしまうようになります。顔の第一印象を大きく左右する存在であり、どうにかして解消したいと考えている人もいるでしょう。ほうれい線は顔の表情筋が衰えてしまうことが主な原因であり、笑って筋肉を動かすことも有効だと言われていますが、たくさん笑うことで逆にこの部分にシワが癖としてついてしまうこともあります。エステサロンではほうれい線やたるみを除去する手術を受けることができます。しかし、費用が高額となってしまうのでなかなか利用できないという人も多いでしょう。手軽にほうれい線を消したいという場合、毎日変顔体操を行うという方法がオススメです。顔の筋肉を鍛えるためには、口の中から舌でほうれい線の部分を押すことが良いと言われており、ほうれい線を解消する効果を期待できるでしょう。ほうれい線は表情筋の衰えが一つの原因であり、舌を使って皮膚を押し上げることで顔の筋肉を動かすことになるのです。また、押し上げる部分によっては顎や首のたるみにも有効です。

口周りのほうれい線を消すためのポイント

2015/12/06

口周りのほうれい線は、何もお手入れをしないでいると、ますます濃く目立つようになります。しかも、長くなってもきます。ほうれい線があるだけで、見た目の年齢は老けて見られます。見つけたら、早めのケアで対処していくことが重要です。深くなるほどに、改善は難しくなっていきます。

ホウレイ線を消すためのポイントとしては、笑顔を意識することです。改善するためには、顔の筋肉に対しての筋トレが効果的です。しかし忙しい毎日の中で、顔の筋トレをしようと思っても、つい忘れてしまいがちです。そうならないためにも、日常的にできることの中で、ほうれい線の改善となるケアをしていくのが一番です。

普段からへの字口の癖がある場合は、即効でその習慣とは縁を切りましょう。への字口は形状記憶のように、常に口がへの字になりますから、ほうれい線もできやすくなります。口元がへの字になれば口角が下がるために、ほうれい線ができやすくなるので、改善しましょう。

笑顔はほうれい線を消すための、日常的なエクササイズにもなります。広角を上げる習慣は、ほうれい線をけすためにも効果的です。笑顔でいれば、自然と筋肉も鍛えられて、ほうれい線を消すためにも役立つことにんあります。

ほうれい線の原因であるむくみを改善しよう

2015/12/06

年齢を重ねるにつれ、体の気になる部分は増えていきます。女性にとって、体のたるみと同様に気になるのが顔のたるみです。特にほうれい線は、老けて見える原因の一つですので、出来るだけ薄くしたいですよね。ほうれい線の原因の一つとして、顔のむくみがあります。むくみの原因は、リンパに余分な水分がたまり、老廃物となってリンパの流れを妨げることによります。リンパのつまりを解消するには、顔の筋肉を動かし、血行を良くすることが大切です。では、むくみを改善するためにはどのような動きをすれば良いでしょうか。まず、顔のヨガが改善に効果的です。動き自体は簡単で、まず口を「お」の形にして、目を見開きます。目線を思いっきり上にして、口の形はそのままで顔全体を縦に伸ばします。それを10秒キープしてください。ゆっくり力を抜いて元に戻します。それを数回ずつ1日三回ほどやってみてください。一週間で効果があらわれはじめるはずです。また、食生活の改善も重要です。暑いからと言って冷たい物ばかりを飲まず、常温か温かい飲み物をゆっくり飲みましょう。水分を取りすぎるのもむくみの原因になりますから、飲み過ぎないように心がけましょう。ほうれい線の目立たない若々しい顔を目指しましょう。???? Vol.131 ???????

ほうれい線ができやすい乾燥肌を防ぐ方法

2015/12/06

ほうれい線ができる原因に、肌の乾燥が挙げられます。
顔の皮膚は体よりも薄いと言われていますが、その中でも口の周りは特に薄いため、うるおいが逃げやすいのです。
また、食後に口を拭いたり落ちにくい口紅をクレンジングする際など、必要以上にゴシゴシして摩擦が起きやすくなることや、スキンケアで頬を中心に保湿してしまい口元がケア不足になることも原因になります。
こういった点に心当たりがある場合は、それを改めることが重要です。
さらに、ほうれい線などのシワができやすい乾燥肌を防ぐ方法として、うるおいを残すケアを意識することも大切になります。
たとえばお風呂で洗顔するときは、全身を洗うお湯の温度よりも低いぬるま湯で洗うほか、洗顔後は乾燥が進む前に、すぐスキンケアをするようにするのです。
その際に使用する化粧水などは、さっぱりタイプではなくしっとりタイプを選択するのはもちろん、保湿効果が高いヒアルロン酸やセラミドが配合された商品を選ぶのも効果的です。
これは皮脂が分泌されやすく、肌が乾燥しにくいイメージがある夏でも同様です。
エアコンが効いた部屋で長い時間過ごす人は特に、肌の表面だけでなくインナードライになりやすいですから注意したいです。

ほうれい線と紫外線の関係

2015/12/06

紫外線は肌に浴びると、そこにメラニン色素を生み出す原因となります。
これは肌細胞を火傷から守る為に生み出されるものですが、このメラニン色素は日焼けやシミの原因となってしまいます。
その為、白くて綺麗な肌でいたいと考えた場合、しっかりと日焼け止めを塗っておかなければいけないと考える人は多くいます。
ただ、紫外線は肌の中にメラニン色素を生み出すだけではありません。
肌に浴びると、肌の中のコラーゲンを壊してしまう働きもあります。
コラーゲンは、肌の中で網状になって存在する成分で、この成分が不足すると、肌はハリと弾力を失う事になります。
そして、しわやたるみの原因となっていきます。
ほうれい線はしわの一種と考える人もいますが、出来る原因として大きいのは、肌のたるみです。
特に頬のハリと弾力が失われ、たるみが出てくると、ほうれい線が出来やすくなります。
ですから、ほうれいせんを予防する為には、肌の中のコラーゲンを守るようにしておく事が大切です。
その為に有効なのが、紫外線対策です。
外出時は、日焼け止めを塗るようにする等、しっかりとした紫外線対策をしておく事で、肌の中のコラーゲンを守る事が出来、ほうれい線が出来にくい状況を作る事が出来ます。

ほうれい線ができる10の原因と対策法

2015/12/06

???? Vol.131 ???????ほうれい線ができる10の原因としては、紫外線や加齢による肌のたるみ、肌の乾燥、表情筋の衰え、表情筋のこり、代謝の悪化、むくみ、過度のダイエット、その人の癖、生活習慣、触り過ぎを挙げることができます。原因に応じた対策としては、まず紫外線や加齢による肌たるみは、生活中で浴びる紫外線を防御することで、加齢による肌たるみも軽減させることが可能です。通年、日焼け止めを塗ることが求められます。また年齢と共に不足していくエラスチンなどの、肌弾力を支えている成分をサプリメントなどから摂取するのも有効です。肌の乾燥は、保湿をすることで防ぐことができます。表情筋の衰えやこりは、表情筋を使うことで防ぐことが改善することができます。口の中で舌をぐるぐる回すなどのエクササイズを行うと効果的です。代謝の悪化やむくみは、体全体の冷えが原因の場合もあります。季節問わず、なるべく入浴するようにして冷えを取り除くようにすると良いです。過度のダイエットでできてしまったほうれい線は、いわば膨らんでいた風船から空気が抜けたことでできてしまったようなものです。せっかく痩せたのにやつれた印象になってしまわないよう、急激に体重を落とすのは控えるべきです。その人の癖、生活習慣はたとえば頬杖をつく癖がある人、また肌にダメージを与える活性酸素を増やす原因でもある喫煙習慣などがある人は、それを改めるようにすることが対策として挙げられます。そして気になるからと言ったほうれい線を必要以上に触り過ぎるのは禁物です。逆に悪化するおそれもあります。保湿クリームなどを塗る際も、力を込め過ぎないこと、意味のないのに撫でたりしないことが大切です。

最近の投稿