‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

乾燥肌の正しい保湿

2015/10/14

乾燥肌というのは体質的な原因もありますが、多くの場合は間違った洗顔、手入れをしているために肌がカサカサになっているケースが多いです。まず大切なのは洗顔のしすぎをしないことです。肌を清潔に保ちたい、肌に水分を与えたいという一心でごしごしこすりながら洗うことが多いと思いますが、こすりすぎてしまうと肌の表面にある皮脂まで洗い流してしまい、カサカサになってしまいます。そのため、洗うときは泡を使ってなるべくやさしく洗うようにしてください。また、洗顔後にビタミンC誘導体を多く含んだ化粧水をたっぷりとつけることも大切です。化粧水をつけることで、肌に水分を与えることができるので、潤いのある肌にすることができます。化粧水だけでもよいのですが、このままだとしばらくすると毛穴から化粧水が蒸発してしまい、水分がなくなっていきます。それを防ぐために、化粧水をつけた後に乳液をつけて毛穴に蓋をすることによって、蒸発を防いでしっかりとした保湿を行うことができます。最後に美容液をつければ、よりスベスベな肌に近づけることができます。洗顔後にしっかりと保湿を行うことがカサカサの肌を潤いのあるスベスベな肌に近づける上で大切なことです。

ベタつきなしの夏の保湿ケア

2015/10/14

どうしてもベタつきがちな夏場は、スキンケアアイテムを少なくしたり、クリームなどのテクスチャーが重めなものの量を減らしたりすることも多いかもしれません。しかしそうした結果、肌の内部乾燥、インナードライ状態が進行し、それを補うために肌が過剰に皮脂分泌するようになり、ますますベタベタした肌になりやすくなることもあります。ですから、テクスチャーが軽めなものを使用するなどの工夫をしたうえで、保湿重視のスキンケアを心がけることが一番です。また同様に、さっぱりしたいからと言って顔を洗い過ぎるのも禁物です。そして洗顔後は、たっぷりの化粧水で潤いを与えることを第一にして下さい。そしてその後の美容液などは、必ず、化粧水が浸透し終わってからつけると言うのも大切なことです。化粧水が浸透していない状態で美容液やクリームなどをつけても、それらは肌表面に残ったままで、結局はべたべたの原因になってしまいます。更にメイク崩れの大きな原因にもなりますから、スキンケアは必ず、ワンステップごとに時間をおいて、浸透させることが大切です。そしてメイクの前には、顔全体にティッシュを優しく押し付けて余分な皮脂をオフすると良いです。スキンケアやメイクをしている最中にも汗が噴き出してきて困ると言う場合は、首元を保冷剤などで冷やす、スキンケアやメイクをする時は室内の温度を下げることが効果的です。ピーマン02

しあわせオーラを導く保湿ケアのポイント

2015/10/14

肌がふっくらとしてツヤめいていると、それだけでしあわせオーラを感じられるものです。肌がガサガサだったり、吹き出ものがたくさんできていたり、テカテカしていたり、シワやシミソバカスが目についてしまうと、表情まで曇って見えてしまいます。では、それらの肌トラブルをどうやって解決するのかというと、まずは保湿です。肌のガサガサ、吹き出ものやテカリ、シワなどは、保湿がうまくいっておらず、皮脂が不足したり、過剰に分泌されてしまったりするために起こることです。肌が乾燥していると自覚している人はまだケアをしている場合が多いですが、吹き出ものやテカリがある人の場合は、水分・油分を塗るとかえって吹き出ものやテカリがひどくなると思って、何もしない人がいます。これはむしろ、水分や油分によって肌が保護されていないために毛穴がつまったり、過剰に皮脂が出てテカってしまっている状態なので、よくありません。きちんと化粧水と乳液などで水分と油分を肌に与え、十分に潤った状態を保つことが肝心です。ただし、せっかく化粧水や乳液を塗っても、肌が清潔な状態でないと、余計に肌が荒れてしまいます。丁寧に洗顔し、汚れをしっかり落とした上で、基礎化粧品を朝晩使うことが重要です。

保湿クリーム選び方

2015/10/14

お肌が乾燥すると、バリア機能が壊れてしまうので、紫外線や花粉、ほこりなどの影響をもろに受けるようになり、ニキビや吹き出物、しわ、シミ、たるみなどの肌トラブルに悩まされるようになります。
お化粧のノリも悪くなり、肌トラブルを隠すために厚塗りすると、不自然な顔になってしまうので、隠すのではなく、治す方法を考えるようにしてください。
それにはまずお肌に足りないうるおいを補充することが先決なので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれた化粧水をたっぷりつけて、それから水分が逃げないよう、クリームでしっかりふたをすることが大切です。
保湿クリームの選び方については悩むところですが、乾燥のレベルがかなり重い状態であれば、セラミドなどの美容成分を配合しているものを選び、さらに消炎効果のある成分が入っていれば、炎症を抑えられるのでおすすめです。
乾燥のレベルが軽いのなら、軽い付け心地のものでかまいませんが、乾燥のレベルが重い場合は、こってりしたテクスチャーの、油膜感が強いものを塗った方が、うるおいを閉じ込めていることを実感しやすくなります。
しかし中には軽い付け心地で、うるおい効果が高いものもあるので、そんな商品が欲しいときは、ランキングや口コミの評判を参考に選ぶようにしましょう。ピーマン01

汗で肌が乾燥!夏の保湿の重要性

2015/10/14

汗をかくことは、身体にこもった熱を逃がしてあげたりと体温調節をしてくれるものですので、とても大切なことなのですが、それと同時に肌の乾きを招いてしまうものですので、気を付けることが大切です。
肌の渇きをどうして招いてしまうかというと、冷えて蒸発していく時に、一緒に肌の水分までも持って行ってしまうからでしょう。また、その肌の渇きを守ろうと肌は皮脂を余計に分泌しますが、ベタベタとした皮脂のために、肌が乾ききっていることに気付けないこともありますので、気を付けることが大切です。
この状態をインナードライと言いますが、この状態を放置しておくことでどんどん肌が乾き、さらにこの肌の状態のまま空気が乾燥してくる秋時期へと突入すると、まさに肌はシワやたるみ・シミなどの、肌トラブルの原因となってしまうのです。
従って、これらの肌トラブルから守ってあげるためにも、夏のインナードライ肌に気付き、しっかりと夏の間に保湿をしてあげることが重要でしょう。
夏のスキンケアは、繰り返し化粧水で肌に潤いを与えてあげることが大切です。サラッとしたテクスチャーのものを、肌に水滴が十分に残るくらいまで重ね付けしてあげることで、肌が十分に水分を補給し、乾燥肌を防ぐことができるでしょう。

カサカサ乾燥肌を改善させるポイント

2015/10/14

乾燥肌は表皮の角質層の保湿力が落ちている状態で、悪化すると粉をふいたような状態になります。肌は乾燥するとバリア機能が弱り、様々なトラブルが起こりやすくなります。このカサカサ肌を改善するにはいくつかポイントがあります。即効性のあるものはスキンケアです。中でも保湿効果のある美容成分を含んだものや、すこしとろみのある使用感のものは長時間潤いをキープする作用があります。洗顔後すぐに化粧水をつけ、油分でふたをすることで蒸発による乾燥を防ぐことができます。血行促進のためのオイルマッサージも有効ですが力を入れすぎないように注意しましょう。紫外線は感想を悪化させるため、日常のUV対策は必須です。また食生活に気を使うことも大切です。健康な肌をつくる基礎となる良質なアミノ酸及びビタミン類をバランスよくとることが必要です。睡眠は成長ホルモンの出る時間帯にとるようにこころがけ、肌の代謝をスムーズにするために適度な運動を取り入れると透明感のある肌を取り戻すのに役立ちます。年齢を重ねると保水能力が下がるため、アンチエイジング効果のあるサプリメントを活用したり、リンパドレナージュで気のめぐりをよくすることも有効です。パプリカ

夏の乾燥肌の対応方法

2015/10/14

乾燥肌とは肌の水分が減っている状態のことで、放っておくとニキビなどのさまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。
冬の方が空気が乾燥していることから冬の方がなりやすいと思われがちですが、夏もさまざまな乾燥肌の原因があり油断していると乾燥肌になっていたという場合も多くあります。原因は、エアコンによる冷房や強い紫外線、肌を洗いすぎることにあります。エアコンや扇風機の風に当たるとその刺激で水分が失われていき、紫外線によって肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンを破壊し、暑いからと言って一日に何度もシャワーなどを浴びてしまえばその分皮脂が流れていってしまい角質を傷つけることになります。
そんな乾燥肌への対応方法としては、皮脂と角質を守ることが大切となるため、入浴時にはタオルなどで体を擦り過ぎたりせず、過度に石鹸は使用しないで使用した後はしっかりと洗い落とす、お風呂の温度はぬるめに設定します。室内では空気を乾燥させすぎず、エアコンや扇風機の風も当たりすぎないように気をつけます。外に出る際は紫外線対策をきちんと行うことが大切です。
体の内側からの対策方法としては、こまめに水分をとることが重要となります。しかし冷た過ぎる水分は体温を下げて新陳代謝を低下させるため、極力氷を使わずに常温のものを飲むことをおすすめします。

乾燥肌の種類とケア方法を紹介

2015/10/14

乾燥肌と一言で行ってもさまざまな種類があり、皮膚の状態に合わせてケアをしていかなくてはより肌トラブルを悪化させてしまう可能性もあります。
一般的な皮膚の角質の水分量が不足している「ドライスキン」は、皮脂分泌量の低下や角質細胞間脂質などの減少によって引き起こされます。
疾患から起こる場合もあり「アトピー性皮膚炎」となってしまうこともあります。これは肌が痒くなってしまい皮膚をかいて傷つけてしまうことで保湿能力が下がっているのです。
乾いている部分と脂っぽい部分が混在しているタイプもあり、環境の変化やストレスによって水分量と皮脂のバランス崩れて肌の機能が正常に働くなるため起こるとされています。
基本的にどのタイプも、基本的には肌が乾いてしまう要因を極力減らすことが重要となります。スキンケアを行ったとしても肌に悪い生活や環境をそのままにしておいては肌の状態が一時的に良くなったとしても、すぐにもとの状態になってしまうことも考えれます。
そのため出来だけ要因を取り除いた上で、肌に負担をかけないクレンジングや洗顔方法、正しいスキンケアや自分に合った肌タイプの化粧品などを使用することで健康的な肌を取り戻すことができるのです。ドリンク03

暖房器具による乾燥肌とその対策

2015/10/14

冬になると部屋が寒くなるためエアコンやストーブを使う機会が多いと思います。しかし、こういったものを使い過ぎてしまうと空気中の水蒸気の量が減っていき、結果として肌が乾燥してしまい肌トラブルを引き起こす原因になります。できることなら暖房器具を使い過ぎないほうがよいのですが、なかなか難しいと思います。そのため、しっかりと保湿を行うことが大切になってきます。まずは、正しい洗顔の方法ですが、ぬるめのお湯と泡を使ってやさしく顔を洗っていきます。ぬるめのお湯を使うことによって毛穴が開いて中までしっかりと水分を行き渡らせることができます。そして、顔を洗った後には必ず化粧水と乳液を使って保湿するようにしてください。セラミドと呼ばれる保湿成分を含んだ化粧水や乳液を使うのがよいです。化粧水をたっぷりとつけて、その上からかぶせるように乳液を塗っていきます。こうすることで、部屋が乾燥していても肌へのダメージを減らすことができます。また、肌によい成分であるたんぱく質をしっかりととることも大切です。たんぱく質が多く含まれている食材には、肉、魚、卵、大豆、乳製品などがあります。これらを毎日しっかりととることで肌を守ることができます。

乾燥を防ぐ注意点と食べ物

2015/10/14

肌が乾燥してしまうと、ニキビやしわなどの原因となってしまいます。改善していくためには、さまざまな注意点があります。
日頃から入るお風呂の温度は38〜40℃程度のぬるめにし、浸かる時間は長くても十分ほどにする、肌への刺激となってしまう入浴剤は使用しないなどが必要です。長い時間使っていると肌の水分を保持するための保湿成分がお湯に溶けてしまうためです。また、クレンジングや洗顔も保湿成分がなくなってしまうため、行った後はしっかりとスキンケアをして水分補給をして乳液などで肌を保護することが重要となります。
防ぐためのおすすめの食べ物としては、コレステロールや亜鉛、タンパク質など肌に良い成分が豊富に入っている卵、高い保湿成分であるセラミドが含まれているこんにゃく、細胞間脂質を形成するために大切な必須脂肪酸が含まれているサバやサーモン、イワシなどの魚介類、スクワランやポリフェノール、ビタミンなどを成分に含んでいるオリーブオイル、良質なタンパク質やセラミドの保湿成分が含まれており、女性ホルモンを増やして美肌効果の高い納豆、保湿機能を高めて肌のキメを改善する乳製品なども有効です。
これらの食材を、バランスよく摂取していくことで肌トラブルを回避することができます。ドリンク02

最近の投稿